南部こども園の紹介

保育方針

健康な心と体が育ち生き抜く力を育てる

地域のニーズに対応し、就学前の教育、保育を一体としてとらえ、一貫した幼保の保育教育を計画し、保育、教育機能を高める。

基本的生活習慣の習得と、幼児教育のカリキュラムに基づき、就学前に必要な保育教育を総合的に実施し、0歳から5歳までの質の高い保育を展開し、次のような子どもを育てたいと願っています。

  • 健康な心と体で楽しく生活できる子ども
  • 元気で安全なあそびができ命の大切さを知る子ども
  • 身近な人と親しみ関わりを深め思いやりのある子ども
  • いろいろな活動体験を通して、豊かな感性や思考力、表現力のある子ども